腰痛でお困りなら神戸市のアシストユー整体院

ブログ

2023/07/24(月)

脊柱管狭窄症は自分で治せる!歩くと足がしびれる間欠性跛行を治すストレッチ!【脊柱管狭窄症専門整体院 アシストユー整体院】

カテゴリー:脊柱管狭窄症, 腰痛

 

From アシストユー整体院 デスクより

神戸市西区の伊川谷で慢性腰痛専門整体院をしています

アシストユー整体院 院長の高橋厚です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日も痛みでお悩みのあなたにヒントやアイデアを

お伝えできればと思います。

今回のテーマは

【脊柱管狭窄症は自分で治せる!歩くと足がしびれる間欠性跛行を治すストレッチ!】

です。

脊柱管狭窄症の方で多い症状としては、

1.間欠性跛行と言って歩くと足が痛んだり痺れてくる

2.長い間立っていると腰が痛くなったり、足がしびれてくる

3.仰向きで両膝を伸ばして寝ると腰が痛んだり足がしびれたりする

などがあります。今回、このような症状がある場合、今日のストレッチを自分でしていただいて痛みを自分で治していただけたらと思います。

このような辛い症状が出た時に、前かがみになったり・椅子などに座ったり・しゃがんだりするとマシになる事があると思います。

では、なぜかと言いますと実はこのような症状がでるあなたは、腰の反りが強くなってしまっている(腰椎前弯増強)可能性があります。

その為、腰を丸くなるような(椅子に座る・しゃがみ込む)などの姿勢をとると痛みやしびれがらくになります。

今回、腰の反りが強くなってしまう原因として多い大腿筋膜張筋といった筋肉のストレッチ方法をお伝えします。

この筋肉が硬くなると、ふくらはぎの外側と筋膜で繋がっている為、ふくらはぎの外側の痛みやしびれがでてしまう方は効果的です。

椅子に座って簡単にできるストレッチですので、脊柱管狭窄症による痛みやしびれでお悩みのあなたが、自分でストレッチをして治していただけたらと思いますの

で、是非参考にしてみてくださいね(^^♪

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本日もブログをご覧いただきありがとうございます!

あなたの痛みが少しでも楽になり、日常生活が快適に過ごせるように

どんどん情報を発信していきますので

引き続き見てくださいね(^^)

あと、YouTubeでの情報発信を引き続きしていきますので

もし、こんなことが知りたい?

と思った方はYouTubeのコメント欄や

ホームページからメッセージをいただきましたら

動画付きで解説させていただきますので、連絡お待ちしておりますね(^^♪

 

 

 

 

通常初回施術費7700円のところ

初回限定特別価格1,980円
(税込)

1日1名様限定割引

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-9693-8394

【受付時間】9時~20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。